白内障と緑内障の恐ろしさを知る|目の病は改善できます

先生

専門医のいる医療機関

眼

患者数が増えている理由

人口の高齢化が進む中で、白内障や緑内障などで眼科を受診する人が増加傾向です。適切な治療を受けるために必要なことは、専門医のいる医療機関で早期に受診することです。様々な症例の診断と治療を行ってきた専門医は、目の病気を早期に発見したいときに便利です。大学病院では眼科の分野の様々な専門外来を設置しているので、入院と手術を伴う治療が必要な場合でも安心です。日帰り手術にも対応している地元の眼科クリニックであれば、仕事を持っている人でも気軽に白内障の治療が受けられるでしょう。また地域密着のクリニックであれば、緑内障の治療も受けやすいです。定期的な検査と経過観察が重要なので、通院しやすいクリニックは緑内障の患者の間でも大人気です。

検査と治療のポイント

アトピー性皮膚炎の合併症や紫外線の影響などで、白内障になるケースも非常に多いです。遺伝的要素で緑内障になる事例もあるために、近親者に患者がいる場合には、早めに目の検査を受けるのが理想的です。目の病気になったときに視力を失わないようにするためには、早期発見と早期治療が一番のポイントです。自覚症状がない場合でも、中高年の人は定期的に眼圧や視野の検査を受ける心構えが大切です。視力の低下をはじめとした自覚症状があるときには、速やかに専門医の診察を受けるべきです。手術を受けることが白内障の代表的な治療法ですが、術後の管理をしっかりと行うことが重要です。3か月に1回程度の経過の観察が、緑内障になったときの健康管理では一番有効です。

放っておくと怖い目の病気

医者とナース

白内障は目のレンズが白く濁る病気、緑内障は視神経に障害が起こる病気です。白内障の治療方法はほぼ確立され失明に至ることは稀ですが、緑内障は根本的な治療法がないのが現状です。どちらも早期に発見して治療を始めることが大切です。

詳しくはコチラ

よくある目の病気

医師

目の中に虫がとんでいるような症状を飛蚊症といいます。原因には、硝子体の変質による生理的なものと網膜の異常などの目の病気によるものがあります。生理的なものは治療方法が確立されていませんが、目の病気の場合には治療で治ります。

詳しくはコチラ